篠塚正典のDesign blog

デザイナーに役立つひとりごと。
 
2015/09/08 16:32:04|その他
Tokyo2020エンブレムによせる想い
Tokyo2020五輪エンブレムが取り下げられました。
取り下げのニュースを聞いた時は私もビックリ!しました。

私が1993年に長野オリンピックのエンブレムをデザインした時は33歳、
デザイナーとしてこれから「やるぞ!」元気いっぱいの歳で
デザインに希望をもち、夢をもってがんばっていた頃でした。

必ず大きなチャンスがくると信じて腕を磨いていた時でした。
シンボルマークデザインを専門にしていた私にとって
オリンピックエンブレムのデザインは「夢」でした。

33歳の時にそのチャンスに恵まれてコンペに参加した2ヶ月間余
必死にデザインに取り組みました。
ほんとうに全精力をつぎ込んで挑戦しました。

そんな想いで創ったデザインが選ばれて
エンブレムに決定した時の喜びは
言葉には表せられないもので、
ほんとうにデザイナーになってよかったと心から思いました。

オリンピック・パラリンピックとは参加する選手を始め、
それに関わるすべての人々に忘れられない「夢」を
与えてくれる世界最大のスポーツイベントだと思います。

2020年に東京で行われるオリンピック・パラリンピックに向けては
10代、20代、30代のひとたちに活躍してもらいたいと思います。

選手だけでなく、ボランティアなど大会に関わるすべてのことに
若い世代の人たちが積極的に参加して、
「私は2020東京オリンピック・パラリンピックでこれをした!」
という想いをもってもらいたいと思っています。

どんなことでもいいと思います。その想いが次の世代に引き継がれ
それがほんとうの「レガシー」になるのではないかと思います。

私が33歳でエンブレムのデザインをし
長野オリンピックに特別な想いをもてたことで
2020東京オリンピック・パラリンピックにも
強い想いをもつようになりました。
だからこそ、
こういう想いは引き継いでいかなくてはいけないと強く思います。

私はデザイナーなのでデザインのことしか言えませんが
再度、2020TOKYOオリンピック・パラリンピックの
エンブレムデザインが創られることになりました。
ぜひ20代、30代の若いデザイナーの方に頑張っていただき、
みんなに愛されるエンブレムが採用されるといいなと願っています。

そしてそのデザイナーの方が次のデザイナーにその
想いを伝えてもらえることを節に願っています。

新しいTOKYO2020 エンブレムに期待を込めて。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上:1998年長野オリンピックエンブレム発表の時の写真




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 20 件中 ]

デザインよりアートディレクション
>>せかいのなぞ

賛成です。

これを伝えないと。

いつまでたっても細かい造形の話しかできない、時代とズレた不毛な議論のままです。

デザインってそんな表面的なものじゃない。

しかしアートディレクションは一般の人にはわかりずらい。でも社会を動かす力がある。

これは私たち専門家が伝えていかなければいけないことです。

勘太郎  (2016/08/24 18:50:41) [コメント削除]

やはり、東京オリンピック2020のエンブレムは
リオオリンピックのエンブレムは、立体的に「RIO」の文字を具象化したものであることが、リオオリンピックを見ていて理解できた。
そして、オリンピックカラーも、ブラジル国旗のカラーで、ブラジルらしさを顕わしている。

東京オリンピック2020は、凡庸の極みであり、東京ではなく、もちろん『江戸』でもない。
市松模様というが、あれが市松模様とは言ったもの勝ちの気がする。

そして、「TOKYO2020」のレタリングも凡庸すぎて、あれが競技場に貼られるのかと思うと、なにか頭が悪いように思えて仕方ない。

そして、何より、オリンピックカラーの藍色で、あれは、ハッキリ言えば「モンペ」の色でしかない。
一目でモンペを思い出す。
モンペ色に東京を彩り、「欲しがりません勝つまでは」「一億火の玉」の精神を再現するのだろうか?

匿名  (2016/08/20 0:18:06) [コメント削除]

アートディレクションのほうが効果がある
デザインよりアートディレクションのほうが効果技あることは佐藤可士和が証明してる。
これを専門家が一般人に伝えていかない限り、デザインにお金を投入されないです。

せかいのなぞ  (2016/02/16 6:01:35) [コメント削除]

応募要項(案)が公開されました
デザイナーだけでなく大多数の国民が、素晴らしいエンブレムの誕生と東京五輪の成功を願っています。
もし望みが叶うなら、また篠塚さんや榮久庵さんの力作が見たい(見たかった)です。
やはり優れたデザインだと、平面なのに躍動感・息吹を感じ心が躍るのです。

応募要項について思う事は、グループ代表者のみに求めるそうで、実質、年齢・国籍の条件は無いに等しいですね。
非公開だとまた批判を浴びそうなので、応募者の氏名は公表はするべきだと思います。

ななし [WEB] (2015/10/08 21:06:36) [コメント削除]

最後に
9月に書いたコメントは悪意であり10月のはじめに書いたのは善意と悪意が混ざったもの、
そして今回の書き込みは善意=「新生」といった感じですかね。
(始めに悪意がありそこから善意が生まれた)
佐野エンブレム同様に二回修正して本物が書けました。
先に書いた2回の書き込みは復活させなくて構いません、ですが今回の書き込みは
そのまま消さずに残して頂けたらと思います。
前回のと比べたら悪い書き込みではないはずです。
私としても今回の騒ぎは非常に勉強になり私自身の今後の活動にも新しい目標を見いだせそうです。
もし機会がありましたら先生はNHKの朝ドラ「希」「マッサン」を一度ご覧になってください。
佐野エンブレム騒動の本質と理解がそこから得られます。
(まあ早い話が空即是色ですね)
それと私を「キチガイ」呼ばわりした「ななし」は恥を知りなさい!(天美ゆきの声で)

では失礼。

善意の匿名  (2015/10/07 22:33:59) [コメント削除]

それを考えればこの記事の内容にも納得がいく
記事の本文を読めば篠塚先生のお人柄が良く分かりますね。
先生はまさに「ロマン溢れる情熱家」です。
私は今回先生がメディアに出られた事はこれからのデザイナーにとって、
日本のロゴデザイン界にとっても良い影響となる事を信じています。
ただやはり、時代というのは怖いものでこれからの若者はどうしても陰湿な思考になってしまう。
私自身もそういう若者の一人です。
社会が豊になり発展する事はピラミッドのように頂上が狭まり頭打ちになる。
社会が梗塞し自分で考えたり情熱的に感じる感性もまた減ってしまいます。
また佐野エンブレムとほとんど同じメッセージが最近のテレビや映画や音楽でも同様に含まれています。
この勢力はそれほど社会的に影響力がある巨大な資本で
私達日本の若者やこれからの世代に「このままでは未来がないぞ」という危機感を提しているように思える。

善意の匿名  (2015/10/07 22:22:55) [コメント削除]

レガシーの先には「オデッセイ」(新世紀)がある
これからの若者には厳しい試練が待っている。
「レガシー」は篠塚先生には作れない。
これからの若い才能にしかそれを作る事はできない。
佐野エンブレムは非常に気持ちが悪いヤラセではありましたが
日本のこれからの若いデザイナーにレガシー(伝説)を作れというメッセージにはなります。
その点を考えたら今回の騒動は上出来です。
(ただしそれが解読できたらばの話ですが)
レガシーが作られた先にはオデッセイという時代が開けます。
つまりそのデザインが「日本のオリジナリティ」だという事を世界が認めるようになるのです。
善意と悪意が交差するどっちつかずの模倣から「これぞ日本らしいデザインだ」と誰もが認識するようになる。
それを「若者がこれから自分達で考えて作れ」とこのメッセージを発した勢力は言いたいのでしょう。
日本のロゴデザイナーへの挑戦状として佐野エンブレムの騒動を仕組んだ。

善意の匿名  (2015/10/07 21:55:43) [コメント削除]

なぜこの騒動を仕組んだ勢力は「オリジン」を問うのか?
今回佐野エンブレムによってデザインを真似されたと提訴したベルギーのデザイナーは、
日本でこの「オリジン」の問題を定義する為に利用された被害者でありますが
彼がそれを自身のオリジンであるとする根拠はどこにあるのか?
コピーデザイナーの佐野氏と何が違うのでしょうか?
「偶然似ただけでしょ」ともしかしたら言えてしまいのではありませんか?
私は素人ですから法的問題や特許はわかりかねますがだいたい人というのは真似するものです。
それがいつしか定着していき「オリジナル」となるのです。
そうやって文化や伝統が形成されてくわけでしょう。
すなわち「レガシー」もまたそれによって価値観が変わり、それ以降のデザインのやり方が変わると。
アンディ・ウォーホルみたいに「I dont know」(なぜこういうデザインになったか分からない)では困るわけです。
「レガシー」となる作品には計画的に生み出され設計されたコンセプトがあるはずです。

善意の匿名  (2015/10/07 21:34:27) [コメント削除]

そもそも「レガシー」とは
話は少しそれます。
佐野エンブレムのメッセージとして「真偽」というものがあります。
佐野エンブレムは本質的には「男女」「出産(誕生)」の関係を示してますが
原案と修正案は「オリジナルと模倣」という関係を物語っています。
しかし修正案である模倣デザインが「発表」(誕生)されたというとこに意図がある。
それは日本人がこれから「オリジナリティ」を作れるのかどうかという問いなのです。
ちょっと話はややこしくなりますが篠塚先生は伝統的な「工芸品」に用いられる絵柄についてご存知でしょうか?
日本の工芸品には古来からペルシャやインド由来の幾何学的な花の図柄が用いられ、
日本もとい東洋では縁起ものとしてずっと受け継がれてきました。
つまりこれは「オリジン」であり東洋文化の本物であるわけです。
しかし現在私達は今はそうしたデザインの製品はほとんど西洋の物として親しんでいます。

善意の匿名  (2015/10/07 21:11:49) [コメント削除]

なぜ佐野エンブレムは「日本の新生」を問いただしてるのか?
佐野エンブレムについて9月に私は説明を述べさせてもらいましたが、結果的にあれは誤りでした。
「真に」問われてるメッセージとはもっと違ったものでした。
佐野エンブレムのデザイン、原案と修正案の関係は陰と陽ですがこれは「男と女」なのです。
原案【T。】修正案【Z゚】

【♀】【♂】

デザインとは計画的に行われ作られるものですが男女が交われば子供が生まれ、
これも子づくりという計画により創造されます。
(聖書の関連性についてはややこしいから説明を省きます)
佐野エンブレムは構想が似ている梅野氏が作った幾何学的なロゴ案や東京五輪で
検索すると出てくる花輪のロゴとは全く違うものです。
つまりもし佐野氏でなく花輪のデザインがヤラセで選定されたとしてこれを一体誰が疑うのか?
それは意外性がなさすぎてメッセージにはならない。
佐野エンブレムはその場違いなデザインの意外性から「?」(はてな)と
大衆が思うように選定されたものなのです。

善意の匿名  (2015/10/07 20:31:20) [コメント削除]

日本に今、問われている事
これからする書き込は、最終的に消去されても構いません。
これは篠塚先生へのメッセージだと思って下さい。
佐野デザイン騒動は仕組まれたものだとは言え日本国民への「問い」でもあります。
これを仕組んだ勢力は国民がこの事件を受けてどう考えるかをテストしている。
反応を見ています。
そして彼らは大衆が「メッセージを理解しないまま捏造(パクリ)で終わらせる」「オリンピックなどバカバカしい」
といった反応に「案の定なる」事を予測しています。
私は篠塚先生が心の中で「くだらない」「バカバカしい」と半分は思いながら
「ふざけるな。日本をバカにするな」と思われてる事を願っています。
そして佐野エンブレムの「問題性」は日本のロゴデザイナー達に一つの事を示している。
それについてお話します。

善意の匿名  (2015/10/07 20:10:10) [コメント削除]

篠塚さんの作品を待望しています
ブログで、若手に期待、というようなことを書かれていたことから、審査員の方にまわられるのかな、残念だけど、それもまた潔いということか、と思っておりました。
ですが、篠塚さんが審査員という情報もなさそうなので、だったらぜひとも篠塚さんのデザインを、と思いました。応募されるにせよ、されないにせよ、心から応援しています!!

甘木  (2015/10/07 17:18:55) [コメント削除]

篠塚さんに敬意を表して
私はひっそりと動画ニュースを作っています。最初に選んだテーマが東京五輪エンブレム問題でした。デザインのことはまったくわかりませんが、いろいろ調べてゆくなかで長野オリンピックのオリンピックエンブレムを制作したのが世界最大のデザイン会社、ランドーアソシエイツ社で、そのデザインをされたのが日本人の篠塚正典さんだということを知りました。当時としては(今でも)先進的で、素晴らしいデザインだと思います。

そんな篠塚さんが日本に戻られ個人でデザイナーをされていると聞いていましたが、篠塚さんほどの人がこんなにひっそりとブログをやられているのは驚きました。(篠塚さんはメジャーリーグのイチローのような存在だと思うので)日本人っていうのは本当に正当な評価ができないんですね!

今回のオリンピックエンブレムの公募はされないのでしょうか?若いデザイナーはもちろんですが篠塚さんが公募をされてこそのオールジャパンだと思いますが。

ただ今回の再公募でもオリンピックとエンブレムが並列であったり開催年と都市名の位置が決められてたり電通の思惑が染み込んだ再公募条件になっています。それがあたかもIOCの規程のように書いてありますが、都市名と開催年の位置が決まっていたらロンドンオリンピックエンブレムのような自由なエンブレムは出来なかったと思います。その辺も含めて是非、このブログで御意見を書いていただければ嬉しいです。

山田丸太郎 [WEB] (2015/10/07 6:35:00) [コメント削除]

書き込みの復活を希望します(2)
やっぱり9月に書いた佐野エンブレムについての書き込みの復活を希望します。
ピョンチャン五輪のほうはどうでもいいです。
大事なのは佐野エンブレムについてのヤラセとその背後の意図です。
ほか佐野エンブレム以外の梅野氏のデザインされたエンブレムや花輪のエンブレムについても同様ですが
あきらかに意図した構想が似通っており招待状を送った八百長側の「条件」によって作られたのは明白です。
つまり梅野氏も招待状をもらっていたのでしょう。
そうした事はもっとロゴデザイン関係者は事態を把握するためにも知るべきです。
一部のデザイナーに招待状という名の「ヤラセの依頼」をもらっていた事実を。

善意の匿名  (2015/10/06 15:47:58) [コメント削除]

書き込みの復活希望します。
私としては篠塚先生のご判断で消されたのならかまいませんが、正直なところ意外です。
つまり篠塚先生も「あちら側」という認識で宜しいでしょうか?
それで私は先月と今月に二回書き込みしましたがどちらかの復活を希望します。
それは篠塚先生がご判断下さい。
それと「ななし」さん。
基地外呼ばわりはいけませんよ。
これ「現実」なんですから。
このさき数十年、100年と時代が進んでいく中で私達の子孫がどう生きるかを問われる時代が「今」なんです。
残念ながら小泉政権以降、日本は危ない選択をしました。
だからオリンピックもこうして政治利用されたんでしょう?
他人に基地外だとか馬鹿とかオリンピックはくだらないとか言うのは簡単です。
でもそれじゃダメなんです。
自分達の頭で考えられなければ日本政府も国民もアメリカの言いなりになるだけです。
佐野エンブレムみたいに自己による意思決定のできない国じゃ困るんですよ。

善意の匿名  (2015/10/06 11:01:03) [コメント削除]

特別扱いの出来レース
公募発表の前に、組織委員会が佐野氏など上位3人を含む8人のデザイナーだけに招待状を送っていたのは変。

週刊新潮に掲載された、素人レベルの入選作品(URLをUPします)を見て「出来レース」を確信した。

ここに湧いてる長文キチガイ(ブロックした方がいいのでは?)もそうだけど、業界が腐敗している。

有能な真に実力のあるデザイナーが談合などにより締め出され、本来の実力通りに活躍出来ないのは残念でならない。

ななし [WEB] (2015/10/04 13:30:38) [コメント削除]

週刊新潮に
佐野氏のパラリンピック原案とコンペ2位と3位の原案が掲載されていた
これが酷かった…

組織委員会が公募前に8人のデザイナーに参加要請を出していたと言うニュースがあったが
2位と3位の人も含まれていたと言う(もちろん佐野氏も含まれていた)

やはり、あのコンペは初めから出来レースだったのではないかと思ってしまう
本当にひどい話だ

名無し  (2015/10/02 19:19:00) [コメント削除]

エンブレム委員会
フミさんがエンブレム選考委員会に委員に就任しましたね。おめでたいことです。
シミズクニハル  (2015/10/01 16:51:39) [コメント削除]

「レガシー」について
好きなロゴに、
アドルフ・ムーロン・カッサンドルがデザインした「YSL」のロゴがある。
あの安定感、あの存在感、唯一無二と言っていい。

しかし、今のデザイナーは、サン・ローランの歴史や伝統を捨てた。
ロゴも「SAINT LAUREN Paris」に変更されて、カッサンドルがデザインした「YSL」も、「SLP」に変更されているものすらあるらしい。

拳銃自殺したアドルフ・ムーロン・カッサンドルと同じ、ブランドの自殺行為のようにも見える。
当然、ブランド創業者の雰囲気や趣向も大幅に変更減殺された。
大量投下された資本を回収し利益を計上するための現代資本主義社会のなせる業と言えばそうかもしれない。

今の日本も、過去から受継されたものがあると思うのは、もしかすると幻想なのかもしれない。

今の「サンローラン」というブランドを見るたびに複雑な思いになる。

おそらく、東京オリンピック2020も・・・・・・・・・・

素人  (2015/09/12 21:40:35) [コメント削除]

次こそ!
次こそ、国民皆に愛されるエンブレムが発表されることを期待しています!

某アンケートで、佐野氏のエンブレム撤回を9割が賛成しているという結果が出ていました。
これってやっぱり異常な事だし、国民にこれだけ受け入れられない佐野氏のエンブレムを選んだ審査委員の方々にも問題があったと思います。

>そしてそのデザイナーの方が次のデザイナーにその
>想いを伝えてもらえることを節に願っています。

その願いを次のエンブレムデザイナーに伝える為にも、次回のエンブレム審査委員には、篠塚さんが参加される事を切に願います!

一般国民  (2015/09/10 8:52:32) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 20 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。